RAMI の1stアルバム「Aspiration」レビューその1

本日はこのブログに来て頂いて本当にありがとうございます。
さて、本日はRAMIの1stソロアルバム「Aspiration」の曲紹介、
レビューについて書きたいと思いうよ^^

スポンサーリンク

1曲目「In My Eyes」

まず、この曲は、RAMIの持つ歌声作詞世界感が楽曲と融合して、
RAMIの魅力がこの上無く出ている作品だと思うんだ。

「In My Eyes」は日本を代表するヘヴィーメタルバンドGALNERYUSの
ギタリストSyuが作曲、ギターもSyuがレコーディングで弾いてるみたいで、
クラシカルな雰囲気と、スピード感のあるメタルな感じもあり、
ハイテクニックなギターソロもあり、
聞き所も満載で楽曲としての完成度がかなり高い作品だと思うんだ。
もしまだ、RAMIのソロ楽曲をあまり聞いた事がなかったら、
是非一度聞いてみてね^^管理人は本気でお勧めするよ。

RAMI In My Eyes (Full Version)

RAMIの「In My Eyes」はどうだった?
曲として凄く完成度高くて、聞き応えも凄くある作品に仕上がってない?^^

ミュージックビデオも歩道橋や、車中、雨の中、と色んなシチュエーションの
色んな衣装のRAMIが出てきて、
時間と場所が変わっても
「どんな時もあなたを想っている」っていうニュアンスが良く出てると思うし、
ギターソロの時に、全シチュエーションのRAMIが倒れてるのも、
良いと管理人は思ったよ。
奏でられるギターソロがまるで、
「あなた」に対する言葉にならない想いみたいで。。。

管理人が思うに、この「In My Eyes」は歌詞も凄く良くて、
特に、1番のBメロの
溢れだした涙の温もりは、触れられた温もりに似てという歌詞の部分。

温もりという言葉を使ってるけど、物凄く寂しい感情を表現してると同時に
今でも「あなた」が目の前にいる様な絶妙なニュアンスが出てて、
やっぱりRAMIの歌詞は良いと思ったね。

他にも最後のサビの歌詞で、
「互いの約束が砂になっても 永遠の絆、忘れない」っていう
歌詞が管理人は好きだね。

曲の最初の方では「あなた」に会えない事を受け入れられてなくて、
凄く悲しい感じだけど、互いの約束が砂になっても 永遠の絆、忘れない
最後には、
「あなた」に会えない事を受け入れている感じになってる所も良いと思うよ。
そして最後に幻想的な感じで、歌われてる
(遠くへ離れてしまっても
心は いつだって通い合っている 貴方の名を呼ぶだけで)っていう部分も、
どこかにいるであろう「あなた」に向けて歌ってるみたいで、良いね^^

この「In My Eyes」はやっぱり、曲と歌詞の世界感RAMIの歌声
見事に合ってて管理人は名曲だと思うね^^
みんなはどう思った?良かったら感想を聞かせてね^^

2曲目  Forever Precious

さて、2曲目は「Forever Precious」
曲名の「Forever Precious」を直訳すると、
「永遠に貴重な」という意味だね。

この曲は歌詞、世界観が本当に素晴らしい。

RAMI  Forever Precious(Music Video Sample)

 

クラシックな雰囲気の綺麗なピアノから始まる壮大な楽曲。
曲の内容は、女王に忠誠を誓った騎士達に向けた曲で、
散って行った騎士達を慰める様なレクイエムみたいな楽曲になってるよ。

この曲は是非、歌詞を見ながら最後まで聞いてみて欲しいんだけど、()
騎士達が生きていた時の姿を花に例えて、曲が進むにつれ、時が進んでいく感じも凄く良いね。例えば、
1番のサビの歌詞では、
「あなたの心にひしめき合う 華、散れど(遺る温もり)
今にも咲きそうな(つぼみ)の声を聴いていたい 光がそこで泣いているから

2番のサビの歌詞では、
「あなたの心にひしめき合う 華、散れど(遺る思い出)
今も咲いている蕾(つぼみ)の声を聴いていたい 光は未(いま)だ叫んでいるから

最後のサビでは、
「あなたの心にひしめき合う 華、散れど(遺る想い出)
今に枯れそうな(つぼみ)の声を聴いていたい 光は空に旅立つ星へと

と、なっていて、「残る」「遺る」という漢字を使ってる所と、
思い出想い出使い分けてる所がRAMIらしくて凄く良いと思うし。
「思い出」だと近しい感じ、「想い出」だと遠い時の感じが出てて、
凄く良いし、姿を変えていく感じになってる所も凄く良いね^^

 

サウンド面


サウンド面では、ピアノが終始良くて、特にサビに入る直前のフレーズや、
エンディングでのフレーズは凄く良いと思うんだ^^
この曲も先に紹介した「In My Eyes」と同じく、
GALNERYUSのギタリストSyuが作曲やギターも担当していて、
歪んでるけど、どこかクリーンなサウンドの
ギターソロではランディローズ
(若くしてこの世を去ってしまった歴史的なギタリストで、オジーオズボーンの初代ギタリスト。ハイセンスでクラシカルな世界観が特徴的で、当時エレキギター界に革命を起こしたヴァン ヘイレンのライバルと言われてたぐらいの伝説のギタリスト)を彷彿させるようなシーケンスフレーズ(同じ音使いで繰り返されるフレーズ)も使われてて、凄く良いと思ったよ^^

管理人が思うに、「Forever Precious」はアルバムの中でも特に世界観が凄くて、
こういった世界観の歌詞を書くRAMIの作詞は本当に凄いと思ったよ。
個人的にもこの曲は、いつか訪れる自分の最期の時にこの曲を聞いていたいと思うぐらい好きな曲だね。

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます^^

それでは本日はこの辺で^^

 

ABOUTこの記事をかいた人

Aldious、BAND-MAID、BABYMETALが特に好きなガールズロック好きの 真田です。 趣味は、音楽鑑賞、ギター、読書、ジョギング、水泳、etc