元Aldiousボーカル RAMIの1年5か月ぶりの新作「Reloaded」曲紹介、レビュー

本日はこのブログに来て頂いて本当にありがとうございます。

さて、本日は2018年1月31日に発売される
元AldiousのボーカルRAMIのNEW ALBAM「Reloaded」の収録曲を紹介するよ^^

スポンサーリンク

 

1曲目の紹介はこちら!「Reloaded」

「Reloaded」は、直訳すると、
「再び荷を積む」「再び弾丸を込める」という意味。
ちなみに、RAMIの新作「Reloaded」のリリックビデオはこちらで見れるよ^^
「Reloaded」全曲視聴はこちら!

新たな幕開けが感じられる様なイントロ、
きめ細かいギターフレーズで始まるこの楽曲は、
RAMIがこのアルバムに込めた想いがしっかり詰まった曲になってるね。
RAMIの魅力は容姿だったり、人柄だったり沢山あると思うけど、
管理人が思うRAMIの魅力の中のひとつに「作詞」があると思うんだ。

この曲は、RAMI本人も言ってたけど、
「光」に行くには「闇」を通る必要がある』っていう事を上手く表現された歌詞だと思う。
管理人は個人的に「あの日の想い出の中で 生き続ける 遺(のこ)された灰をこの手に集め」という歌詞が
とっても良いと思うよ^^

RAMI自身のこれまでの背景(元Aldiousだった事とか)を考えて聞いてると、
「あの日の想い出の中で 生き続ける 遺(のこ)された灰をこの手に集め」
という歌詞は、RAMI自身が、自分を自分の過去から解放するっていう意味で
書かれたんじゃないかなと思う。
そして、「遺(のこ)された」っていう所で、「残された」ではなくて、
「遺(のこ)された」っていう漢字を使ってる所も良いと思うんだ^^

RAMI公式ツイッターで、今回の「Reloaded」に関する感想を送らせてもらった所、RAMI本人から返信ツイートがあり、
『「残す」と「遺す」は使い分けていて、
漢字一つ一つ、しっかり選んでいます。』
との事で、

やっぱり、RAMI歌詞にかなり魂込めて書いてる感じが伝わってくるね^^

RAMIは、RAMI本人から出される想いやメッセージを「弾丸」と捉えてて、

アルバムタイトルの「Reloaded」も、勝手に意訳するなら、「(RAMIの弾丸達は)再装填された」という意味にも取れるね^^

そしてそれをライブ等で「撃ちまくりたい」と言ってるし、
RAMIから放たれる弾丸をリスナーやオーディエンスが受けて、
その反応を「返り血」と捉えるなら、
返り血でいっぱいになりたいと思ってるみたい。
実際、観客やリスナーからの反応はたくさん来ると思うけどね^^
だからこの「Reloaded」というタイトルになったみたいだよ。

この「Reloaded」はそういう意味でもアルバムタイトル曲に相応しい曲になってると思うよ^^
RAMIの新作「Reloaded」のリリックビデオはこちらで見れるよ^^
「Reloaded」全曲視聴はこちら!

2曲目「Black Symphony」

続いてはこちら!!「Black Symphony」

「Black Symphony」は直訳すると、「黒い交響曲」だね。

この曲は、もう本当タイトル通りの曲なんだけど、(特に歌詞が!)
RAMIのコメント動画とか、普段っぽい感じで話してる様子からは、
良い意味で想像も出来ないような曲になってるね。

RAMIの事をあまり知らない人からしたら、
ギャップに満ちた曲になってるかもしれないww

みんなはこの曲を聞いてどう思ったかな??

もし、聞いてない人がいたら、
RAMIの新作「Reloaded」のリリックビデオはこちら
「Reloaded」全曲視聴はこちら!になってるから
是非聞いてみてね^^

こちらの曲は個人的に思うに歌詞が強烈だと思うよ!悪女感が半端じゃない^^

このリリックビデオ(歌詞を文字表記して流してるビデオ)の
最後の方に「弄ばれるのも、乙なものじゃない?」という部分があると思うんだけど、
この「乙なもの」っていう書き方が良いと思うんだ^^
「乙なもの」っていうのは、
【他のものも良いが、これもまた趣(おもむき)があって良し】という様な意味で使われるみたい^^

「弄ばれるのも、乙なものじゃない?」はつまり、
「弄(もてあそ)ばれる」っていう事が
「それもまた良いんじゃない?」って言ってるって事だからね。

つまり言ってる相手に対しての絶妙なニュアンスが出てるのが良いと思う^^
管理人が思うに、本来なら「乙なものじゃない?」「良い(ん)じゃない?」っていう言葉でも良いのに、
それを「乙なもの」って言ってる所が、RAMIらしくて良いと思うな^^

みんなはどう思った??^^

また、2番の歌詞で、「あなたの視線を甚振(いたぶ)りたい」って
歌詞が出てくるんだけど、
この「いたぶりたい」っていう言葉を漢字で書いてる人も中々いないと思うけど、
視線を甚振るって、凄い表現だと思うんだよね^^
なんというか屈服させるというか。
RAMIのコメント動画や、普通に話をしてる所を見てからこの曲を聞くと、
ギャップに驚かされるねww

みんなも曲と歌詞の続きが気にならない^^??
管理人は凄く気になって仕方なかったよww
是非聞いてみてね^^

RAMIの新作「Reloaded」のリリックビデオはこちらで見れるよ^^
「Reloaded」全曲視聴はこちら!から

スポンサーリンク

続いてはこちら!「After History」

この曲は現段階で、「Reloaded」の中でMVが公開されてる曲で、
アルバムの中で、4曲目に収録されてる曲だよ^^

この「After History」は、ファンの人も好きな人が多いみたいで、
壮大な世界感の曲になってるよ。

RAMI After History(Music Video Sample)

RAMI自身は歌詞は、読んだ人の自由な捉え方で構わないっと、言ってるし、
「道標」になれればともブログで言ってるね^^(RAMIの公式ブログはこちら!)

その「道標」感が出てるのが、この「After History」だと思うよ^^
管理人は聞いてて、何かに導かれる様なニュアンスを感じたよ。

個人的には、この「After History」とその次に収録されてる「NEVER SAY NEVER」2曲続けて聞いてみて欲しいけどね^^

この曲は、ファンの人は「メロディが琴線に触れる」とか、「歌詞が凄く良い」とかツイッターで良く言われてる曲で、
RAMI自身も思い入れが強い曲なんじゃないかなと思うよ^^

RAMIの今後のスケジュール等はこちらの記事にも書いてるので、気になった人は見てみてね。

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

それでは本日はこの辺で^^

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Aldious、BAND-MAID、BABYMETALが特に好きなガールズロック好きの 真田です。 趣味は、音楽鑑賞、ギター、読書、ジョギング、水泳、etc