Aldious Re:NO 加入時の話

本日はこのブログに来て頂いて本当にありがとうございます。
さて、本日は「Aldious Re:NOの加入時の話」について書きたいと思うよ^^

スポンサーリンク

Re:NOのプロフィール

ここでは、Aldiousって聞いた事あるけど、
ボーカルのRe:NOってどんな人?って人の為に、
Re:NOのプロフィールを載せておくね^^

 

Aldiousの2代目ボーカル担当で、
イメージカラーはブラック。
1987年4月9日生まれの東京都出身の31歳。
本名は二階堂梨乃で、16歳の頃から音楽活動を始める。
自分で作詞作曲もして、ストリートでも活動してたみたい。

Aldiousに加入前は
ロックバンド「髑髏 (しゃれこうべ)」,be seeing so words,
等でも活躍してて、
ファッション誌「KERA」の読者モデル
としても活動していたんだよ。

他にも男装モデルAKIRA氏とのユニット、
B型シンドロームなんかもやってたよ。

ちょっとここではB型シンドロームの動画を載せられないけど、
興味がある人はyoutubeで、
「B型シンドローム」で、検索してみてね。

因みに、リンクを載せておくと、

AKIRA氏の公式サイトはこちら!

AKIRA氏のツイッターはこちら!

Aldiousの公式サイトはこちら!

Re:NOのツイッターはこちら!

Re:NOに関する他の記事はこちらに載せておくので、
良かったら見てみてね^^

Aldious Re:NOのプロフィール

Aldious Re:NOのタトゥーが凄い

Aldious Re:NOがかわいい 

Aldious Re:NO加入のキッカケ

Aldious Re:NOをZepp
に立たせようキャンペーンスタート!

 

Re:NO 加入時の話

ここでは、雑誌に掲載された内容を基に、
Re:NOの加入時の話を見てみよう^^

(出典元、参考文献、シンコーミュージックより発売の
BURRN! 2015年11月号臨時増刊
METALLION55 平成27年11月号より)

Re:NOが加入当初
どういう感じだったかという質問に対して

Re:NO

メンバーと目を合わせて話す事も出来なかったし、
ライブでもお客さんと目を合わす事が出来なかったし、
笑顔も作れなかったし、みんなが・・・。

トキ 敵?(笑)

Re:NO

怖いなー、って思いながら
最初の頃はライブをやってしまっていた
という反省点が今となってはありました。

トキさんから見て
Re:NOさんは入ってきた頃と今とを比べるとどうですか?

トキ

人格が変わったのかと思うぐらいの変貌っぷりですよね。(笑)

明るくなったという事?

トキ

明るくなりましたね。笑顔とかしゃべる言葉とか、
ライブでのMCとかお客さんを煽(あお)ったりする所とかも、
入ったばかりの頃と比べたら全然違う。
昔は、自分は後から入って来たからって、一歩引いてる感じで見えたんですけど、
今はバンドを全部引っ張っていってくれる様な存在です。

2年前に加入した当初、ご挨拶させてもらった時は、
「ちょっと怖い人」という・・(笑)

Re:NO

アハハハ。(笑)そうなんです。自分では判らないんですけど、
「怖い人だと思った」ってみんなに言われて。

孤高の人っていうオーラを感じたんですよね。
私は私、みたいな。

Re:NO

バリア張ってるみたいな?
そんな事ないんですけど。(苦笑)

今は理解してます。(笑)
でも実際、以前と比べてライブでもかなり変わりましたね。
パフォーマンスが物凄く自然になってる気がします。

Re:NO

入ってきた頃はずっと、「メタルじゃなきゃダメだ」とか
「メタルってどういうものなんだろう」とか、
頭の中がメタルに凄く囚われていましたね。
なのでライブでも、「メタルの煽(あお)り方ってどうなんだろう」
とか、そればっかり考えてて。でも最近は、
メンバーそれぞれの個性があるバンドの中で、
私は私でいいんだなっていうのが見えてきて。
そう思ってから、メタルが凄く好きになったし、
活動が楽しく思える様になったんですよ。

そう思える様になってから、
パフォーマンスの仕方も煽(あお)り方も、
自然に身に着いた感じですね。
あとはメンバー、特にトキなんですけど、
「この曲はこういう風に煽ってもらいたい」
とかっていう事を言ってくれて、
「やってみるわ」ってリハでやってみると
「それでやろうよ」みたいな感じで
アドバイスしてくれるんで。

「メタルのパフォーマンスはこういうものだ」っていうアドバイス?

トキ

いやいや全然してないですよ。
私もメタルがルーツじゃないんで、
そこは今も私も勉強中です。(笑)
ただ、特に私の曲は「お客さんが拳上げるとこ」とか、
「ジャンプするとこ」とかライブのイメージが出来てるので、
それをRe:NOちゃんに、「煽(あお)ってほしいな」とかは、
言ったりしましたけど。

加入時と比べてRe:NOさんの成長ぶりはどうですか?

Yoshi

彼女自身、「凄く丸くなった」って言ってますね。
「人の意見を聞ける様になった」って。
私は彼女に対して特にワガママな印象はなかったんですけど、
最近はみんなの意見を聞いて「こうしようよ」と
仲介役に回ってくれてる感じですね。
昔だったら私が間に入ってまとめる役割だったんですけど、
今は逆に私は端っこにいて、メンバーの間にRe:NOが入ってくれる感じ。

ライブではどうですか?

Yoshi
昔から、個性というか、
「私はこうだ」というのが確立してる子で、
そういう部分は今でもありますし、
カリスマ性というか、孤独な「近寄るな」みたいな感じ。

さっき彼女にRe:NOさんに孤高な感じって言ったら、
そんな事ないと,(笑)

Yoshi 孤高な感じですよね。(笑)

そこが彼女の強みだと思うんです。

Yoshi

ステージも凄く引っ張ってくれています。
耳も良いので、「ここズレてる」とか、「ここ音が合ってない」
とか・・。
「ステージのここの流れが良くないからこうしようよ」とか、
曲間とかにも一番こだわるタイプなんですよ。
彼女に任せておけば、凄くクオリティの高いライブになるだろうな
というぐらい。

(出典元、参考文献、シンコーミュージックより発売の
BURRN! 2015年11月号臨時増刊
METALLION55 平成27年11月号より)

 

ここまで、読んでもらってあなたはどう思った?

Re:NOは加入当初、
少し孤高な感じがしたって感じで、
書かれてるけど、管理人は、
それがまたRe:NOの魅力のひとつでもあると思うし、

そういう孤高な感じだったのが、
Re:NOの持つ、良い意味で独特な雰囲気にも
繋がってるんじゃないかなと思うね。

ライブでのRe:NOの存在感や、煽りは、
Aldiousのライブに行った事ある人ならわかると思うけど、
その存在感には言葉では言い表せない凄いものがあるよね。

これからもそんなRe:NOが在籍するAldiousの今後の活躍に期待です^^

Aldious / STEP from Live at O-east (DVD)

 

 

We Areツアー、ライブスケジュール

ライブの感想とかでも、
最高でした!!!
とか、
また必ず行きます!!
等の感想も多いAldiousのライブ。

管理人もこのツアーの2公演目、
神戸公演と、そして大阪公演に行ってるよ。

ここまで読んでくれたみんなも、
是非Aldiousのライブの素晴らしさを、
体感して欲しいね。
(管理人が行った
Aldiousの神戸公演ライブツアーレポはこちらから!)

大阪梅田クラブクワトロ公演のライブレポはこちら!

 

2018年、全国34ヵ所を回る
Aldiousのライブツアー「We Are」、
女性専用スペースもある
そのツアーのスケジュールを載せておくね。

まずは前半!!

公演日 曜日 都道府県 会場名 開場 開演
4月15日 千葉 柏 PALOOZA 【THANK YOU SOLD OUT!!】 16:30 17:00
4月20日 静岡 浜松 窓枠 18:30 19:00
4月22日 兵庫 神戸 太陽と虎 【THANK YOU SOLD OUT!!】 16:30 17:00
4月28日 青森 青森 QUARTER 17:30 18:00
4月30日 宮城 仙台 MACANA 16:30 17:00
5月2日 秋田 秋田 Club Swindle 18:30 19:00
5月4日 岩手 盛岡 ClubChange WAVE 16:30 17:00
5月6日 栃木 宇都宮HEAVEN’S ROCK 16:30 17:00
5月18日 群馬 高崎 club FLEEZ 18:30 19:00
5月20日 新潟 柳都SHOW!CASE!! 16:30 17:00
5月23日 石川 金沢AZ 18:30 19:00
5月25日 京都 京都 MUSE 18:30 19:00
5月27日 長野 松本 ALECX 16:30 17:00
6月2日 大阪 梅田クラブクアトロ 17:30 18:00
6月16日 茨城 水戸LIGHTHOUSE 17:30 18:00
6月21日 北海道 旭川CasinoDrive 18:30 19:00
6月23日 北海道 札幌Sound Lab Mole 【THANK YOU SOLD OUT!!】 17:30 18:00
6月29日 岡山 岡山IMAGE 18:30 19:00
7月1日 福岡 福岡 BEAT STATION 16:30 17:00
7月3日 鹿児島 鹿児島SRホール 18:30 19:00
7月5日 山口 周南rise 18:30 19:00
7月7日 広島 広島セカンドクラッチ 17:30 18:00
7月21日 愛知 名古屋クラブクアトロ 【THANK YOU SOLD OUT!!】 17:30 18:00
7月27日 東京 恵比寿リキッドルーム 18:30 19:00

(出典元:Aldious 公式サイト)

 

チケットは以下のの3サイトから買えるよ!
チケットぴあはこちら
ローソンチケットはこちら
e+(イープラス)はこちら


そして後半
後半戦のチケットも一般発売してるよ。

9月15日 埼玉県 HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 【THANK YOU SOLD OUT!!】 17:30 18:00
9月22日 宮城県 石巻BLUE RESISTANCE 17:30 18:00
9月24日 福島県 郡山CLUB #9 16:30 17:00
9月29日 静岡県 静岡Sunash 17:30 18:00
9月30日 滋賀県 滋賀U STONE 16:30 17:00
10月6日 鳥取県 米子AZTiC laughs 17:30 18:00
10月8日 香川県 高松MONSTER 16:30 17:00
10月20日 岐阜県 柳ヶ瀬ants 17:30 18:00
10月21日 愛知県 豊橋Club KNOT 16:30 17:00
10月28日 神奈川県 F.A.D YOKOHAMA 【THANK YOU SOLD OUT!!】 16:30 17:00

(出典元:Aldious 公式サイト)

料金
前売 4,300円(税込) / 当日 4,800円(税込)  ※ドリンク代は別
整理番号入場
未就学児入場不可ってなってるね。

チケットは以下のの3サイトから買えるよ!
チケットぴあはこちら
ローソンチケットはこちら
e+(イープラス)はこちら

上の3サイトのうち、ローソンチケットが一般の中では
一番早く入れるみたいで、会場によっては、
3サイト揃ってない所もあるみたいだね。
一般発売もされてるので、気になった人は是非、
Aldiousのライブに行ってみてね。

 

 

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

 

それでは本日はこの辺で^^

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Aldious、BAND-MAID、BABYMETALが特に好きなガールズロック好きの 真田です。 趣味は、音楽鑑賞、ギター、読書、ジョギング、水泳、etc