Aldious Re:NO加入のきっかけ

本日はこのブログに来て頂いて本当にありがとうございます。

さて、本日は、Aldious Re:NO加入のキッカケについて書きたいと思うよ^^

スポンサーリンク

Aldiousのメンバー、バンドの紹介

Aldiousは良い意味で派手なアゲ嬢を彷彿させる衣装に身を包み、ヘヴィメタルを奏でる女性5人組のメタルバンドで、
幾度かのメンバーチェンジを経て現在のメンバーになってるよ^^

嬢メタルシーンをここまで盛り上げてるのは、Aldiousの活躍のおかげだと言えるね。
メンバーはRe:NO(ボーカル)、Yoshi(ギター リーダー)、サワ(ベース)、トキ(ギター)、Marina(ドラム)の5人で、
本日は、2012年から加入してるボーカルのRe:NOの加入秘話について書くって話です^^

動画を見てもらった方がどういう音楽をやってるバンドか解りやすいかもしれないので、動画を貼っておくね^^2017年11月29日発売のアルバム「We Are」から

Aldious(アルディアス) / We Are (full version)from new album”We Are”

 

因みに、他のおすすめ楽曲は、Aldious メタルな楽曲まとめ Aldious POPな曲まとめでも紹介してるので、気になった人は見てみてね^^

Aldious の命名

Aldiousは結成10周年を迎えるんだけど、最初、2012年まではRamiがボーカルだったんだよね^^
(Ramiや旧メンバーのプロフィールはこちらから^^)

RamiはAldiousというバンド名を命名した人で、ギターでリーダーのYoshiと共に初期メンバーだったんだけど、
体調不良でドクターストップがかかり、惜しまれながらも2012年にAldiousを脱退したんだ。

スポンサーリンク

Ramiの脱退、Re:NOとの出会い

Ramiが脱退してしまったAldiousは、後任のボーカルを探していたけど、オーディション等は行わず、
残されたメンバー達は楽曲制作を行いながらも、
自分達自身が「この子だ!」っていう人物を選びたかった、という想いがあり、あまり色んな所に声を掛けたりせずに
「あっ、この子いいな」って思えるような可能性のあるヴォーカリストに加入して欲しかったとの事。

Aldious    White Crow  (Live Version Short)

 

そこで、トキの紹介でRe:NOが登場するんだけど、Re:NOトキは元々、知り合いの知り合い、という感じで面識はあったみたいだね。


(出典元:Aldious Re:NOツイッター)

Re:NOのボーカル音源をYoshiが聞いた時に、「Aldiousに通ずるものがある」と感じたらしく、考え方的にも良いと思えたそうで、
結果的にはAldiousサイドからRe:NOに猛アプローチをかけてたみたいだね。

Re:NO加入

Re:NOは、Aldiousに加入するまでは、メタル系音楽に興味はあったものの、
自分がやってきた事がないジャンルという事や、音域的な事で不安もあったりしたみたいで、

すぐにやりたい!って気持ちにはなれなかったとの事。

そして、Re:NOが初めてAldiousメンバーに会った時、「Aldiousを成功させたい」という気持ちをヒシヒシと感じたので、
いい加減な答えは出せないと思っていたと言ってるね。

Re:NOは自分がAldiousに加入するにあたって、足りない部分や色々な事をYoshiに相談してた所、親身に相談に乗ってくれたりしたとの事。

YoshiRe:NOから不安な事を相談された時、「不安に感じるのは真剣に考えてるからこそ」で、
Re:NOの事を「凄く真剣に考えて、しっかりした、物事を考えられる人」という印象を持ったみたい^^

そこから、一緒にスタジオに入ったりしたりして、徐々に加入の方向へと向かっていったんだ。

それに、YoshiRe:NOの声質や人間性などの変えられない部分に惹かれていたんだとか^^

こうして、Re:NOがAldiousに加入するまでの流れを見てると、Re:NOのAldiousに対しての真剣な姿勢が凄く伝わって来るね。

Aldious  Dearly(LIVE Version)

これからもそんなAldiousの活躍に期待です。

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます^^

それでは本日はこの辺で^^

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Aldious、BAND-MAID、BABYMETALが特に好きなガールズロック好きの 真田です。 趣味は、音楽鑑賞、ギター、読書、ジョギング、水泳、etc