Aldious Re:NOのおすすめの楽曲とは~その2~

本日はこのブログに来て頂いて本当にありがとうございます。
さて、本日は「AldiousRe:NOのおすすめの楽曲とは~その②~」について書きたいと思うよ^^

スポンサーリンク

Re:NOのおすすめの楽曲は恐らく凄いたくさんあると思うけど、
この記事では、Aldiousのレギュラーラジオ番組、「Aldiousの嬢radio」で紹介されてた
Re:NOのおすすめの楽曲を紹介してくよ^^

松山千春 大空と大地の中で

松山千春は、あなたも知ってると思うけど
1977年1月25日に「旅立ち」でデビューした北海道出身のフォークシンガーで、
地元愛が強く、「北海道を愛するフォーク・シンガーである」というポリシーを持つ歌手で、
松山千春の代表曲には、「大空と大地の中で」、「長い夜」、「君を忘れない」等があるね。

あの日の僕等 / 松山千春

 

Aldiousのレギュラーラジオ番組 Aldiousの嬢radioでは

ここでは、2018年11月6日に放送されてたAldiousの嬢radioの内容を元に、
Re:NOが松山千春の「大空と大地の中で」をおすすめしてる理由を書いて行くよ^^

Re:NO 
はい、今日私Re:NOのおすすめする曲はですね、
最近あのー、昔の曲をこう振り返って聞き返してたり、90年代、80年代とかの曲を良くダウンロードして聞いてるんですけど、その中で、「あぁーやっぱり良いなー。」と思ったのが、この曲なんですね。

何が良いかっていうと凄く背中を押してくれる歌詞で、優しいメロディー。
後は歌詞をひとつづつ、
一言一言凄く気持ちを込めて歌ってる感じが、
凄くなんだろう、世代ではないんですけど、
今の時代も大事にしなきゃいけない事なんじゃないかなーって、思いながら聞いている曲になります。

それでは聞いて下さい。
松山千春さんで、「大空と大地の中で」

(出典元:Aldiousの嬢radioより)

上のRe:NOが松山千春の「大空と大地の中で」をおすすめしてる理由、あなたは見てくれた?
諸事情によりこのブログでは、「大空と大地の中で」の動画は載せられないんだけど、
「大空と大地の中で」は名曲だよね。
Re:NOが言う「凄く背中を押してくれる歌詞で、優しいメロディー」っていうのは凄くわかるよね。

管理人はこの曲の「生きる事が つらいとか苦しいだとかいう前に、野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ」っていう歌詞が好きだね。

因みに「大空と大地の中で」は1977年6月にリリースされた
松山千春の1枚目のアルバム『君のために作った歌』に収録されてる曲で、
高校野球で北海道の高校が甲子園に出場したりする際に、良く流れたりして今でも広く愛されてる曲だね^^

Re:NOがおすすめする楽曲は、恐らく凄いたくさんあると思うけど、
Aldiousの嬢radioで紹介されてたので、今回は松山千春の「大空と大地の中」を紹介してるよ。

 

Aldious (アルディアス) / Monster (Full Version)from new mini album “ALL BROSE”

 

 

Aldious We Areツアー、ライブスケジュール

 

ライブの感想とかでも、
最高でした!!!
とか、
また必ず行きます!!

等の感想も多いAldiousのライブ。

管理人もこのツアーの2公演目、
神戸公演と、そして大阪公演に行ってるよ。

ここまで読んでくれたあなたも、
是非Aldiousのライブの素晴らしさを、
体感して欲しいね。
(管理人が実際に行った
Aldiousの神戸公演ライブツアーレポはこちらから!)

大阪梅田クラブクワトロ公演のライブレポはこちら!

2018年、全国34ヵ所を回った
Aldiousのライブツアー「We Are」の
追加公演のチケットも一般発売してるよ^^

 

<追加公演>
Aldious Tour 2018 “We Are” ~Final~
●12月1日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO (開場:17時30分 / 開演:18時)
●12月8日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO (開場:17時30分 / 開演:18時)
●12月17日(月) 東京・Shibuya O-EAST (開場:18時30分 / 開演:19時)

料金
前売 4,300円(税込) / 当日 4,800円(税込)  ※ドリンク代は別
整理番号入場
未就学児入場不可ってなってるね。

チケットは以下の3サイトから買えるよ!
チケットぴあはこちら
ローソンチケットはこちら
e+(イープラス)はこちら

上の3サイトのうち、ローソンチケットが一般の中では
一番早く入れるみたいで、会場によっては、
3サイト揃ってない所もあるみたいだね。
一般発売もされてるので、気になった人は是非、
Aldiousのライブに行ってみてね!

(出典元:Aldious Re:NOのツイッター)

 

Aldious (アルディアス) / We Are (Full Version) from new album “We Are”

 

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

それでは本日はこの辺で^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Aldious、BAND-MAID、BABYMETALが特に好きなガールズロック好きの 真田です。 趣味は、音楽鑑賞、ギター、読書、ジョギング、水泳、etc