Aldious 「モノクローム」制作秘話

本日はこのブログに来て頂いて本当にありがとうございます。
さて、本日は、「Aldious モノクローム制作秘話」について書きたいと思うよ^^

スポンサーリンク

モノクローム

モノクロームは、
2018年11月21日に発売されたアルディアスの4曲入りのミニアルバム
「ALL BROSE」に収録されてる楽曲で、
作詞作曲 共にサワの楽曲だね^^

Aldious(アルディアス)『Aldious / Music Video Collection(DVD)』(Trailer)

Aldiousのレギュラーラジオ番組「Aldiousの嬢radio」では

ここでは、Aldiousのレギュラーラジオ番組「We Are ALDIOUS」で放送されてた内容等を元に、
「モノクローム」がどういう過程で制作されていったのかをまとめてるよ^^

 

サワ 
このモノクロームは、私サワが作詞作曲をさして頂いた曲となっています。

作詞をするのは、前作の「胡蝶の夢」と、後「Misty Moon」以来で
久しぶりにちょっと作詞もさせて頂いたんですけども。

この曲は元々、バラードにしようと思って、ちょっとしっとりした感じでデモは作ってたんですけども。
まあメタルにした方がメロディーを活かせるんじゃないか?という案もありまして、
激しい感じのアレンジにさせて頂いたんですけども。

仕上がりがとても、自分的には満足しております。
皆さんどんな感じですか?

Re:NO やっぱねえ、サワちゃんって、サワちゃんの世界観がRe:NOは凄いあると思うのよ。

Marina あるよねー!

サワ ありがとうございます。

Re:NO Re:NOが絶っっ対につくれないメロ(ディー)だったり、
その今回作詞もサワちゃんが、この曲だけね、書いてて、
Re:NOが絶対こう、何て言うんだろう、「書かない視点」からとか、
「書かない言葉使い」とかを使ってるから、

やっぱ凄い独特というか。サワ!!って感じの色が。

トキ やっぱ色が出るよね。
あの私は結構なんかサワちゃんの書く歌詞が、
なんか普段さぁ、サワータイムとかで「イェーイ」みたいな感じでさぁ、
ライブ見てる方はそういうイメージだと思うんですけど、
「胡蝶の夢」にしても、「Misty Moon」にしてもさ、何て言うんですか、「大人の女性」というか。

Re:NO 結構ロマンチストなんだよね。

サワ そうですね。

トキ そうそうそう、なんかすごいサワちゃんとは想像をかけ離れた言葉遣いとかが出てくるから。

Marina 言葉使いとかもそうだね。

トキ なんかもっとこう「ポテトー!」みたいな

サワ どんな歌や!!

トキ 「ポテト!」「ポテト!」「ポテトー!!」
Re:NO 「みかん!」「みかん!」「みかーん!!」みたいなね(笑)

一同爆笑

Marina そうね。そうね!(笑)

トキ 普段のサワちゃん見てる人からしたらそういう曲とか歌詞とか出てくるのかなって思って。

失礼な事言ってたらごめんな。
だけど、なんかこう意外と、
あっ!こういう事思ってるんだ!
っていうサワちゃんの裏の顔が見れるのが私は凄い毎回楽しみにしてるから。

サワ ありがとうございます。

Re:NO なんか歌っててもねぇ、なんか凄いこう、
何て言うんだろう、「人の歌」を歌ってるていう感じがしなくて。

トキ 共感できる?

Re:NO 共感できるし、なんかね、凄いね、体に染み渡ってくる。
すーっと入って来る歌詞というか。

トキ でも綺麗だよね、言葉使いがさ。

Re:NO そうなんですよ。

Marina 綺麗!

Re:NO Misty Moon」も、(曲名を間違えて→)胡蝶の『華』・・・・・胡蝶の夢。

サワ 胡蝶の「華」言うたで!オーーイッ!!(笑)

Re:NO もうわかんなくなってきちゃって(笑) 
胡蝶の夢とかも自分にない物がいっぱい詰まってるんで素晴らしいと思います。

(出典元:Aldiousのレギュラーラジオ番組 Aldiousの嬢radioより)

あなたは、上のサワがモノクロームを制作した話、見てくれた?
サワが作詞作曲した楽曲、「モノクローム」は、トッキーが上でも言ってる通り、
普段のサワの感じからは良い意味で想像できない様な感じの曲で凄い格好良いよね!

モノクロームを制作してる最中、その時サワがミニオンズにハマってたから、
仮タイトルが「スチュアート」って名前だったみたいだよ^^

また、レコーディング等に関して、Re:NOサワ

Re:NOサワちゃんの作る曲ってすごい独特な世界観があるので、
私から出る言葉遣いとかだとちょっと違うのかなって思ったんです。
サワちゃんに書いてみないか聞いたら
“ちょっと書いてみる”ってことで、フルで全部書いてきてくれた感じですね。

-Re:NOさんが書く歌詞とはやはり少し雰囲気が違ってくるなと思う部分もありつつ、
Re:NOさんのヴォーカルとしての歌い回しをうまく引き出しているように感じました。

Re:NO:意識してないでしょ?

一同:(笑)

サワいやいや、少しは(笑)。

Re:NO (笑)。ヴォーカルのレコーディングに(サワが)立ち会って、
“そこはファルセットがいい”とか、
“もうちょっと強めにしてほしい”とかっていうやりとりは当日したよね。

サワ:私が完全にプロデュースする形で、
“ここはこういう感情で歌ってほしい”みたいにすごく細かく話をしました。

Re:NO この曲は2、3パターン歌ってみて”どれがいい?”って確認していました。

“こっちの方が歌詞の悲しさが伝わると思うんだよね”とか”1番は強く歌って
最後は悲しく歌ったらグッと来るんじゃない?”

みたいな意見を言い合いつつ進めていったので楽しかったですね。

(出典元:激ロックより)

上の様に、Re:NOサワ激ロックでのインタビューに
モノクロームの制作やレコーディングでのやり取りについて答えているよ。

管理人は、モノクロームを聞いてると、
段々と曲の中に引き込まれて行く様な感じがする、
とても独特な感じの世界観の曲で凄く良いと思うね^^

伴奏では、特にイントロの感じと2番のAメロのドラムパターンが凄く好きだし、
歌詞では2番のAメロの歌詞で、

「大事なもの全て守ることもできず 一瞬一瞬が心を締め付ける」

っていう歌詞が凄く好きだね^^

因みに、2018年12月8日に行われた大阪クラブクワトロ公演で、
モノクロームを演奏してたんだけど、Re:NOはAメロで、
ステージから右下の方をじっと見つめながら歌っていて、
その姿がモノクロームの歌詞の世界観をより一層引き立ててたよ^^

Aldious (アルディアス) / Monster (Full Version)from new mini album “ALL BROSE”

 

あなたもアルディアスの歌詞の中で好きなフレーズとかあると思うけど、
良かったら管理人にも教えてね^^

Aldious We Areツアー、ライブスケジュール

 

ライブの感想とかでも、
最高でした!!!
とか、
また必ず行きます!!

等の感想も多いAldiousのライブ。

管理人もこのツアーの2公演目、
神戸公演と、そして大阪公演、高松公演に行ってるよ。

ここまで読んでくれたみんなも、
是非Aldiousのライブの素晴らしさを、
体感して欲しいね。
(管理人が行った
Aldiousの神戸公演ライブツアーレポはこちらから!)

大阪梅田クラブクワトロ公演のライブレポはこちら!

高松公演のライブレポはこちら!

2018年、全国34ヵ所を回る
Aldiousのライブツアー「We Are」、

残す所は以下の3公演なので、気になった人は是非見に行ってみてね。

<追加公演>
Aldious Tour 2018 “We Are” ~Final~
●12月1日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO (開場:17時30分 / 開演:18時)(終了してます)
●12月8日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO (開場:17時30分 / 開演:18時)(終了してます)
●12月17日(月) 東京・Shibuya O-EAST (開場:18時30分 / 開演:19時)

チケットは以下のの3サイトから買えるよ!
チケットぴあはこちら
ローソンチケットはこちら
e+(イープラス)はこちら

料金

前売 4,300円(税込) / 当日 4,800円(税込)  ※ドリンク代は別
整理番号入場
未就学児入場不可となってるね。


(出典元:Aldious サワのツイッター)

 

 
それでは本日はこの辺で^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Aldious、BAND-MAID、BABYMETALが特に好きなガールズロック好きの 真田です。 趣味は、音楽鑑賞、ギター、読書、ジョギング、水泳、etc