Aldious 「BLOWS」制作秘話

本日はこのブログに来て頂いて本当にありがとうございます。
さて、本日は「BLOWS 制作秘話」について書きたいと思うよ^^

スポンサーリンク

BLOWS

「BLOWS」は2018年11月21日に発売されたアルディアスの4曲入りのミニアルバム
「ALL BROSE」に収録されてる楽曲で、
作詞 Re:NO 作曲 トキの楽曲だね。

 

下の動画は同じく「ALL BROWS」に収録されてる楽曲「MONSTER」だよ^^

Aldious (アルディアス) / Monster (Full Version)from new mini album “ALL BROSE”

 

Aldiousのレギュラーラジオ番組 「We Are ALDIOUS」では

ここでは、Aldiousのレギュラーラジオ番組「We Are ALDIOUS」で放送されてた内容等を元に、
「BLOWS」がどういう過程で制作されていったのかをまとめてるよ^^

 

2018年12月2日放送のAldiousのレギュラーラジオ番組「We Are ALDIOUS」より

 

トキ 

この曲(BLOWS)はあのーもう、ご存知の方も多いと思うんですけども、私が作曲で、
Re:NOちゃんが作詞してくれた曲なんですけども、
先週(の放送は)アルバム特集やったんですけど、
あんまり突っ込んで話せなかったんで、あのちょっと話をしようかなと思ったんですけども。

この曲はですね、私にしては珍しく聴かせ系な曲になってまして、
まあ今まで「ジレンマ」とか、「Go away」とか頭振って激しくて
もうライブで「ウワーって!」って盛り上がれる曲を作ってたんですけども、
みんなの心にたたみかける様な曲を作ってみたいなっていう事で作った曲なんですけども。

あのーまあこの曲、凄い、、デモで作って、それでRe:NOちゃんに渡して、
返ってきた歌詞が私、、凄いなんだろう、

人間っぽいというか、人間味があふれる歌詞。

Re:NO なんかさあ。あのー連絡してたんだよね。

トキ そうそうそう。
当日でしょ?

Re:NO あのー(BLOWSの歌詞が)全く白紙の状態の時に、
なんかこの曲に対して「こういう言葉を入れて欲しい」とか、

なんか歌詞について「なんかあるー?」って聞いたら、「お任せします」って事で、
わかった。じゃあ、Re:NOが感じたまま書いてみるねーって言って、一時間で書いて。

トキ そう、もう絶っっ対できてたんじゃないかっていうぐらいの。
 あ、解ったじゃあね!って切って、電話を。
その本当に1時間後ぐらいにかかってきて、

Re:NO ちょうど1時間後ぐらいに、こんな感じで書いたのどう?っていったのが
そのままもう何も変えずに、CDに。

トキ やっぱり何て言うのかな、凄いこう、あのーばぁーって書いたからなのか、
なんかやっぱこう素直な感情というか、
凄いなんか人間味があふれる歌詞だなと思って

なんかこう聞いてると心があったかくなる様な。
結構ほっとする様な。

ちょっとメタルではないのかもしれないんですけど、
まあなんかそんな印象があって、
本当に命を吹き込まれた曲だなって思いますね。

Re:NO なんかこう、人に元気を与えられたらなって思って、あのー書きました。歌詞は。

トキ 凄いね。それを聞いて私は元気になりました。

Re:NO ありがとうございます。

(出典元:Aldiousのレギュラーラジオ番組 We Are ALDIOUSより)

 

あなたは、上のトッキーRe:NO「BLOWS」について語ってる話見てくれた?
トッキーのいう通り、「BLOWS」は「聞かせ系」な感じで、
凄く聞きやすい感じの曲だし、聞いてて元気になる感じの曲だよね(≧▽≦)

トッキーは「BLOWS」でのギターや作曲面だと、

トキギターのカッティングのフレーズを入れた曲を作りたくて、生まれた曲が「BLOWS」なんです。
いつものBPM180とか200のテンポだと、カッティングを入れるには速さ的に限界があるので、
わりとゆったりした曲にしました。

そんなに速くない感じで、且つRe:NOのヴォーカルが生きるような曲にしたいと思って作りましたね。

選曲会のときに何曲か持ってきたんですけど、一番思い入れのある曲が採用されました。

(出典元:激ロック より)

っと、激ロックのインタビューでは答えているね^^

管理人はアルディアスの楽曲だと、思いっきり激しいメタルな感じの曲も好きだけど、
アルディアスのこういう感じの曲も好きだね。

「BLOWS」は特に、Re:NOの声質の良さ、綺麗さが凄く際立ってて、
伴奏と混ざり合ってる感じが好きだね。

「BLOWS」の歌詞の中でも、

「たまにイヤになる生活も 無くなってみれば気付くだろう
無理のない生き方よりも ぶち当たって砕けて行こう」
っていう歌詞が管理人は個人的に凄い好きだね^^

あなたもアルディアスの歌詞の中で好きなフレーズとかあると思うけど、
良かったら管理人にも教えてね^^

Aldious(アルディアス)『Aldious / Music Video Collection(DVD)』(Trailer)

 

Aldious We Areツアー、ライブスケジュール

 

ライブの感想とかでも、
最高でした!!!
とか、
また必ず行きます!!

等の感想も多いAldiousのライブ。

管理人もこのツアーの2公演目、
神戸公演と、そして大阪公演、高松公演に行ってるよ。

ここまで読んでくれたみんなも、
是非Aldiousのライブの素晴らしさを、
体感して欲しいね。
(管理人が行った
Aldiousの神戸公演ライブツアーレポはこちらから!)

大阪梅田クラブクワトロ公演のライブレポはこちら!

高松公演のライブレポはこちら!

2018年、全国34ヵ所を回る
Aldiousのライブツアー「We Are」、

残す所は以下の3公演なので、気になった人は是非見に行ってみてね。

<追加公演>
Aldious Tour 2018 “We Are” ~Final~
●12月1日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO (開場:17時30分 / 開演:18時)(終了してます)
●12月8日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO (開場:17時30分 / 開演:18時)
●12月17日(月) 東京・Shibuya O-EAST (開場:18時30分 / 開演:19時)

チケットは以下のの3サイトから買えるよ!
チケットぴあはこちら
ローソンチケットはこちら
e+(イープラス)はこちら

料金

前売 4,300円(税込) / 当日 4,800円(税込)  ※ドリンク代は別
整理番号入場
未就学児入場不可となってるね。

(出典元:Aldious Re:NOのツイッター)

 

 

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

それでは本日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Aldious、BAND-MAID、BABYMETALが特に好きなガールズロック好きの 真田です。 趣味は、音楽鑑賞、ギター、読書、ジョギング、水泳、etc